不動産

きちんと返済計画を立ててローンを組み、夢のマイホームに住みはじめたものの、世帯主の病気やリストラといった諸々の理由で、予定通りに返済できなくなることがあります。
ローンの返済が滞った場合、通常、2、3か月たつと、借り入れ先の金融機関から、催促状が届きます。
早いところでは、一回滞納しただけで、電話をかけてくるところもあります。
気の弱い人は、これだけでも、かなり精神的なストレスになります。
何かの理由で一回だけ支払いが遅れた場合、遅延損害金を払いさえすれば見逃してくれますが、返せる見込みがないままに、そのまま滞納し続けた場合は、最終的に、強制的な不動産競売にかけられ、購入時の価格からするとタダ同然の価格で売り払われてしまいます。
そうならないために、あらかじめ不動産を売却して、そのお金を返済に充てようとします。
しかし、ここに大きな問題があるのです。
金融機関が、あらかじめ融資の担保として、家に抵当権を設定しているのですが、その抵当権がついたままでは、勝手に売ることができないのです。
そんなときに、抵当権を有する側の合意を得た上で、抵当権を解除し、不動産を売却する方法があります。
それが、任意売却です。
競売でタダ売り同然となると、家を失う上に、ローンの返済には程遠い金額しか残りません。
任意売却なら、市場取引に近い価格で売ることも可能になるので、返済の負担をかなり減らすことができるのです。

競売を回避

マンションを購入した時には、住宅ローンは、主人の給与と私の派遣収入で、十分に返済できる予定でした。
ところが景気はどんどん悪くなり、主人の給与は下がる一方、おまけに私の派遣契約打ち切りもあり、我が家の年収は激減してしまったんです。
数か月なら、預貯金で何とかやりくりできますが、これも限界があります。
競売は避けられないと、毎日、思い悩んでいました。
そんな矢先、任意売却と言う手段があると知りました。
競売では、物件価格が、大幅に下がってしまうところですが、任意売却できれは、物件の価格を下げる事なく、売却できるので、残債の負担を和らげられるそうなんです。
早速、任意売却を扱う専門家に相談してみたところ、スムーズに話がすすみ、無事に任意売却できる事になりました。
競売だけは回避したいと思っていたので、本当に助かりました。
あとで知ったのですが、競売になると時間がかかるうえ、費用もかかるので、ローンの借入先金融機関が任意売却をすすめる事も多いそうです。