住宅ローンが支払えなくなったら解決できます

住宅ローンが支払えなくなったという時を迎えたら、任意売却をおすすめします。
差し押さえられて、競売にかけられてしまう前に早急に手続きを進めてください。
任意売却は、要はマイホームを売るということです。
せっかく手に入れたマイホームを手放すのは忍びないですが、でも住宅ローンが支払えなくなったら、どっちみ強制的に売却されるのです。
強制的に売却されてしまうくらいなら、自分で納得して手放した方がいいと思いませんか?もちろん、競売にかけられるよりも、任意売却をすることで得られるメリットはありますよ。
例えば、「市場相場に近い額で売れる」「極秘で売却できる」「引越し費用が捻出できる」「退却期間の融通が利く」などがあります。
これらのメリットは競売にはありません。
強制的にいい値で売却されて、即効で立ち退きを命じられることもあります。
そのため、かなり厳しい状況となります。
そうはならないためにも任意売却を進めましょう。

有効なピンチ脱出法です

長引く不況の中、家計も苦境に立たされている事例が多いようです。
よく耳にするのは、住宅ローンの返済がどうしてもできなくなってしまった、というケースです。
そんな場合、「自己破産」という手続ももちろん考えられますが、「任意売却」の手法も一考の余地があるのではないでしょうか。
任意売却だと、抵当権者の合意を得て不動産を売って、それでも返済しきれなかった債務は残ったままでで抵当権を解除してもらうことになります。
自己破産よりは、はるかに受けるダメージも小さいです。
また、競売にかけるとなると二束三文の価格でしか売却できませんが、任意売却だと、同じ市場での売りになりますので、市場価格に近いプライスでの売却が可能です。
だから、可能な限り残債を少なくすれば、あとが非常に楽になるのです。
また、任意売却の事実がオープンになるわけではありませんので、プライバシーも守られます。
一方的に立ち退きを命じられることもありませんので、主体的に新しい生活への再スタートを切りやすくなります。
住宅ローンの返済に困ってピンチに追い込まれたとき、安易に自己破産を考えるのではなく、任意売却の可能性をも考えてみるべきだと思います。